あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

富山などの新しい公共交通「LRT」の推進を
 〜委員会で国土交通副大臣に協力要請〜

JR富山港線が廃止されることを受けて、LRTという新しい公共交通が全国で始めて富山市に導入され、平成18年度に開業を予定しています。
26
日の決算行政監視委員会の第4分科会で、このLRTの推進について国土交通副大臣に協力をお願いしました。
富山をはじめとする地方都市では、商業の中心が商店街から郊外の大型ショッピングセンターに移り、車がないと生活ができなくなりはじめています。また、既存の電車やバスなどの公共交通の廃止が進む中で新たな交通戦略と街づくり戦略が必要です。
そんな中で
LRTは、大きな注目を受けています。
LRTは、超低床車両で水平に動く「エレベーター」と言われています。すでに、フランスやドイツではLRTの導入が進み、大きな実績をあげています。LRTを導入することで、これまでの公共交通の利用者を数倍上回ったという国もあります。日本国内では、部分的な導入はいくつかの事例がありますが、初めからトータルシステムとして整備する事業は、富山が全国で初めてとなります。
LRT
は、いくつかのメリットがあります。第1に、「環境にやさしい」こと。地球温暖化対策の上で、二酸化炭素を削減することが求められています。LRTを利用する人が増えれば、自動車やバスに比べて、この二酸化炭素の大幅な削減が期待できます。
第2に、「お年寄りや、からだの不自由な人や、子どもにやさしい」こと。高齢化の進展により車に乗らない人が増えていく中で、自動車必要社会を改善する必要があります。
LRTで停車駅を増やし、運転本数も増やすことによって、便利になります。
また、
LRTは段差が無く、乗り降りに苦労せず車椅子のままで乗れるので障害者にとっても便利という特徴を持っています。
3に、「街づくりにやさしい」こと。自動車優先の街づくりから、歩く人、買い物をする人を優先する街づくりを実現します。それによって、大きな駐車場を持つ郊外の大型ショッピングセンターだけでなく中心商店街の経済も活性化できます。また、渋滞の改善や、駐車場の有効活用などが可能になります。
これらのメリットを主張し、副大臣に支援をお願いしました。副大臣からも「
LRTプロジェクトとして支援していきたい」という答弁をいただきました。なんとかLRTという未来型の公共交通を日本にも普及させたい。そのためには全国で最初となる富山市でぜひ成功させて全国のモデルにしたいと思います。

このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.