あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

1月19日(木) 
シンガポールで開催されたアジア太平洋議員フォーラム(APPF)にて演説

シンガポールで開催されたAPPF(アジア太平洋議員フォーラム)に出席しました。
 これは、世界の28カ国から国会議員が集まって、経済・安全保障・環境などについて5日間の討論を行うものです。
 今回、日本は5人の議員で参加し、私はその団長として日本のおかれた経済・貿易に対する認識などを表明しました。

私の演説内容は以下のとおりです。
(英文の次に和訳を掲載しております)

Explanation on the Purposes of
“Draft Resolution on Economy and Trade”

- Thank you, chairperson, for giving me an opportunity to speak. I am Muneaki Murai, a member of the Japanese Delegation.
Japanese people chose drastic advent of a new government led by the Prime Minister who upholds the “Yuai” philosophy, or friendship and love. I wish we will be able to share with people in the Asia-Pacific region the “Yuai” concept, which aims at co-existence and co-prosperity by mutually understanding the positions and benefits of people with different sense of values.
In addition, Japan will serve as the host nation for APEC this year. APEC of this year has the theme “Change and Action.” By pushing through a change to appropriately address the current trend, we will be able to turn a pinch into a chance. Under such theme, we would like to work with other nations in order to push ahead with various economic changes, including trade and investment.
Bearing in mind the Yuai concept and the theme, the Japanese Delegation has submitted “Draft Resolution on Economy and Trade,” so I would like to explain the purposes and background information on the draft resolution.

- The financial insecurity resulting from the sub-prime loan problem has brought about confusions in the international community. However, as leaders in the world have stood together and have taken large-scale emergency economic packages, which have yielded effects, we have successfully avoided the world depression. I am proud of leaders in the world for their appropriate decision and their ability to get things done, saving the entire mankind.
Some analysts say the world economy is showing a sign of recovery, but other economists argue the economy is still on the way to recovery and the private demand is unlikely to recover in the immediate future. So, we have to take further economic stimulus measures.

- In addition to policies for regenerating the world economy, it is necessary to eliminate the financial insecurity, which has lead to worldwide confusions. The financial insecurity this time had resulted from various factors, but economists say risks of complicated financial products represent one of significant factors. We have to prevent reoccurrence of financial crisis by improving transparency of complicated financial products and enhancing financial risk management efforts at the national and international levels. In addition, financial institutions should, with sincerity, feel responsible for their excessive dependence on speculative transactions and put more emphasis on their original role to supply funds to households and economic entities.

- The Obama Administration’s “Green Jobs” policy, which pushes ahead with economic growth and job creation by putting focus on “Environment,” has been spreading out in the world. We are paying attentions to this policy with expectations.
“Economic growth” and “environment” are not conflicting each other at all. Rather, the largest obstacles for “economic growth” for future of mankind are “environment” and “energy.” By overcoming “limits to growth” with technical innovations gathering up wisdoms of the entire mankind, we should aim at sustainable economic growth on the worldwide scale.

- In its long-term vision “East Asia community,” Japan proposes enhancing open and transparent regional cooperation in feasible fields, such as trade and investment.
We recognize this concept has some difficulties, because we have gaps in systems, cultures and senses of values in the region. However, this is not an entirely impossible dream but a possible dream. We will overcome such difficulties by upholding the “Yuai” philosophy that aims at co-existence and co-prosperity by mutually understanding the positions and benefits of people with different sense of values.
Pushing ahead with regional cooperation based on this concept will lead to further liberalization of regional trade and investment and will also contribute to further economic integration.

- With recognition in this way, the Japanese Delegation has proposed “Draft Resolution on Economy and Trade.” We would be very grateful if you could agree with us.
Thank you very much.

       「経済・貿易に関する決議案」趣旨説明
●議長、御発言の機会を頂き、ありがとうございます。日本国会議員代表団の村井宗明と申します。
日本国民は、「友愛」の理念を掲げた首相への劇的な政権交代を選びました。価値観の異なる相手に対しても、お互いの立場と利益を認め合いながら、互いの共存共栄を目指すという「友愛」の理念を、アジア太平洋地域における国々の皆様とも共有できることを望んでいます。
また、今年のAPECは、私ども日本が議長国となって開催されます。その今年のAPECのテーマは「チェンジ・アンド・アクション」です。変化に適切に対応するチェンジの断行によって、ピンチはチャンスに変わります。そのテーマのもと、貿易・投資をはじめ経済に関する幅広いチェンジを断行するように各国の皆様と協力していきたいと思います。
その友愛理念とテーマを踏まえて、日本国会代表団は、「経済・貿易に関する決議案」を提出しておりますので、その趣旨及び背景などにつきまして述べさせていただきたいと思います。

●サブプライムローン問題などから発生した金融不安は、国際社会に混乱をもたらしました。しかし、世界各国の指導者が結束し、緊急に行った大型の経済対策が効果を発揮し、世界恐慌を逃れることができました。世界各国の指導者の方々の人類を救った適切な決断と実行力に誇りを感じます。 
世界経済に回復の兆しは見られるとの認識が示されますが、その一方、回復のプロセスは途上であり、民間需要回復のための条件はまだ整っていないとの認識が共有し、さらに経済刺激策を維持しなければなりません。

●世界経済を再生させる政策とともに、その混乱の原因であった金融不安を払拭する必要があります。金融不安の発生には様々な要因がありますが、複雑な金融商品のリスクが大きな要因のひとつであると言われています。複雑な金融商品に対して透明性を向上させるとともに、各国レベル及び国際レベルにおいて金融のリスク管理体制の強化することで再発を防止しなければなりません。また、金融機関が投機的なものに傾斜していたことを真摯に反省し、本来の家計や経済機関への資金供給という役割を重要視するべきです。

●アメリカのオバマ政権の打ち出した「環境」を柱として経済成長と雇用創出をすすめる「グリーン・ジョブ政策」は世界に広がりつつあります。私たちは期待をもって注目しています。
「経済成長」と「環境」は、決して矛盾する関係ではありません。むしろ、人類の未来において「経済成長」の最大の障壁が「環境」と「エネルギー」なのです。人類の英知を集めた技術革新をもって『成長の限界』を突破し、世界全体に持続可能な経済成長をもたらすことを目指すべきです。

●我が国が長期的なビジョンとして掲げる「東アジア共同体構想」は、貿易・投資を含め可能な分野から開放的で透明な形で地域協力を推進していくことを提案しています。
この構想には、制度・文化・価値観の違いという困難があることを認識しています。しかし、不可能な夢ではなく、可能な夢なのです。異なる相手に対しても、お互いの立場と利益を認め合いながら、互いの共存共栄を目指すという「友愛」の理念を掲げて、我々はその困難を乗り越えます。
このような構想を掲げ、地域協力を推進することは、域内での貿易・投資の一層の自由化、経済的な一体化の促進にも資するものと考えます。

●このような認識の下、日本国会代表団は、「経済・貿易に関する決議案」を提案しております。何とぞ御賛同くださいますようよろしくお願い申し上げます。
御清聴ありがとうございました。



このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.