あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

6月6日(火)

効果的で安全な鳥獣対策を

本日環境委員会で審議された、政府提案の「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律の一部を改正する法律案」に反対し、民主党提出の修正案に賛成の立場で討論致しました。

人間にとって、他の生物との共存はいつの時代でも大切な命題の一つです。人間は自然界で動植物の恩恵を享受して生きていますから、出来るだけ動植物に優しい社会を目指すべきです。一方、人間社会の安全性や全生物にとってバランスの良い環境を守る為に、時には動植物の捕獲等の施策が必要となります。

今回の改正案は、本来生物多様性の確保の観点から鳥獣の保護の重要性が高まる一方、それらの鳥獣による農作物などの被害が増大し、深刻な社会問題となっているため議題となったものです。
しかし、今回の政府提案の改正案は、こうした問題に正面から応えるものとは到底思えません。

例えば、誤って捕獲された鳥獣についての開放措置の義務付けや誤った捕獲に関する報告を法制化しなかったのは納得できません。さらに、わなを設置した者に対し、設置場所の周辺住民などに周知させる措置を義務付けることは危険防止の意味からも必要と思われますが、政府案はそこまで踏込んでいません。
鳥獣保護の重要性や国民の安全を考慮すれば、さらに徹底されなければならない部分が多々あります。

今後も、その様な点を正しつつ、環境に優しく安全な社会の構築を目指し努力していきます。
このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.