あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

5月24日(木)

国会で「天下り」が議論されています。
提出されているのは、民主党の「天下り禁止法案」と自民党の「天下り新人材 バンク法案」で、両党が議論しています。

天下りを透明化する「新人材バンク」は、天下りをするという点で変わりません。
だから、天下りそのものを禁止するべきだと主張しています。
自民党案は現在も運営されている「人材バンク」を透明化するものです。
つまり天下りをするということには変わらないんです。

今日、その「天下り人材バンク」に視察に行きました。
総務省の中にあり、2人の公務員が専従として勤務しています。
問題は、人件費とは別に運営費として7000万円使ったにも関わらず7年間で1人しか就職のあっせんができなかった事です。まさに、無駄遣いの代表的存在となっています。 仕事を発注している官庁から直接的に再就職を頼まれない限り、どの企業も高い 給料を払って天下りを受け入れません。

国民が望んでいるのは、この「天下り人材バンク」の拡大ではなく、天下りその ものの禁止ではないでしょうか?


このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.