あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

2月7日(木)ガソリン税 富山宿舎の凍結

連日、道路特定財源の「ムダ遣い」が報道されています。 マスコミから「今年度のガソリン税宿舎は、八王子市と富山市である」というニュースが流れました

早速、国土交通省に行って説明を聞きました。富山市下新本町の埋蔵財文化センターの跡地に3億円かけて建設する計画です。18人の宿舎で家賃が約1万3千円。もちろん、大赤字ですが、皆さんのガソリン税の余った分を使い赤字を補てんするという説明でした。 この宿舎はガソリン税を払った国民は入れずに、道路担当公務員だけが入れます。普通の公務員も入れずに、道路担当公務員だけが入れるから不公平なのです。 道路担当公務員の宿舎は、1万人に対して8095戸と圧倒的に多いのです。「道路特定財源が余っているから問題ない」と言われても納得できません。だから、私と高山議員で国交省に対し指摘をしました。

本日、国交省はマスコミに対して「富山宿舎を凍結する」という発表をしました。早速、意見を取り入れて下さった国交省に感謝するとともに、今後もムダ遣いを見直していきます。


このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.