あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

7月17日(木)
富山国際大学で講義

 富山国際大学のNPOについての講義で、一日講師をしました。主な内容は下記の通りです。

20世紀は「市場競争」と「社会主義」の両勢力の争いであった。

その2つは、利害の調整方法として「民間の競争」か「行政の指示」か、で変わっていた。また、目標も「営利の追及」か「公益性の追及」か、で変わっていた。

旧式の社会主義者はボランティアやNPOといった民間組織を懐疑的にとらえていた。そして、多文化主義を忌み嫌っていた。右、左という言い方もするが、イデオロギーになればなるほど、残念ながら相手をうがった解釈をして感情的に批判しあった時代だった。

21世紀に入って、両勢力ともに問題が噴出して行き詰まり、その中間的な位置付けになる第三の道へ進んだ。そこで、NPOという民間による公益性を追求する団体の登場が始まった。

NPOはまだまだ手探りの状態です。しかし、制度設計をしっかりすれば、社会を動かす勢力に変わります。そのためには、特定非営利活動法人法の改正が必要であり、私自身、パブリックサポートテストという税制優遇の基準の改正に取り組んでいます。

このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.