あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

11月24日(月)
岡田副代表と政権交代を訴える

 11月24日、岡田克也副代表をお招きし、講演会を開催いたしました。約400人を前に、現在おかれている国民の立場から政局を語っていただきました。
 岡田副代表は冒頭「本来であれば1週間後に投票が行われるはずだった。この状況に緩むことなく政権交代実現に向かって活動を進めていこう」と満員の参加者に呼びかけられ、

 そのなかで3年前の総選挙から振り返り「小泉郵政民営化によって、バラ色の未来がやって来ると国民に訴え勝利したが、結果は障害者自立支援法の改正、定率減税の廃止、後期高齢者医療制度の導入など、庶民に痛みばかり押し付けた。」と指摘されました。

 さらに福田前首相の辞め方にふれ「誰のために政治をやっているのか?国民に一言の謝罪もなく去って行った。麻生政権に至っては与党をもコントロールできていない。長期政権の弊害だ。完全に政権能力を失っている。」と批判。次期米大統領オバマ氏の勝利をひき合いに「日本にも政権交代が行われる政治実現のために15年がんばってきた。政権交代が結果ではない、スタートだ。民主党は村井さんのような若い人達も力をつけてきた。国民のために、官僚組織をコントロールした政権運営に自信がある。」と力強いお言葉を頂戴いたしました。

   岡田副代表の後、私も次のような講演をさせていただきました。

1、世界の流れ
 世界全体で、新時代への変革の風が吹き始めています。アメリカでも、ついに政権交代で、新時代への扉が開きました。ニュージーランドでも政権交代が起こりました。まさに、世界全体が「時代の変わり目」に来ていることは、私たちもこの会場に来ている皆様も感じていることと思います。
 そして、今日、皆様は日本にも、新時代の変革をもたらすために、ここに集まってこられました。

2、新時代への政権準備
 私たちも皆様も、新時代に向けて、政権を交代しなければならないと考えています。
 そして、私たちはそのために具体的な政策を準備してきました。
 その一つが、先日、私が他の議員と一緒に共著で出版したこの本「生物多様性基本法」です。この本の内容は、私たちの作った議員立法の解説です。
 富山で起こったクマ問題も、この法律はの土台になった一つです。私の住んでいた月岡でも、クマによる死亡事故が起こりました。また、私の同志であり富山二区から何度も出馬した西尾正英さんのお父さんもクマの被害にあわれて亡くなられました。県民から、早急な対策を要望される中で、私が中心となって民主党内にワーキングチームが設立されました。
 その中で、考え方は二つに分かれました。一つは、銃を規制緩和してクマやサルを退治していく方法。もう一つは、真の原因は餌のなくなった森林破壊にこそある。荒れ果てた森林の中で多くの動物が飢えて人里に下りてこざるを得なくなったという現状の中で、森林の再生という方法です。私は後者を主張し、本案を整備しました。
 生物多様性が適切に保たれ、自然の循環に酔う形で農業水産を含む社会経済活動が自然に調和した形となっており、様々な形で自然とのふれあいの場が確保されている自然と共生する社会を目指します。今回、民主・自民・公明の代表者による協議の上、議員立法で全会一致で可決・成立できた事は、意義の大きいものであり、私はさらに個別法の整備に努力して行きます。
 これ以外でも、国会では民主党議員による様々な議員立法が提出され、年金・天下り・農業など多岐に渡って具体的な変革のプランと法案を用意しています。このように、官僚任せにせずに、しっかりと議員立法を立案し、いつでも政権が担える体制が整っています。
 解散総選挙で衆議院の過半数を制するという事は、私たちが考えた変革のプランである具体的な法案が次々と実現することであり、新時代への変革が日本でも始まるということなのです!

3、新時代が必ず来ます
 そして、ここ富山1区においては、私村井宗明が小選挙区で勝ち抜くという事が、県民の勝利で夜明けをもたらし、新しい時代への扉を開く鍵なのです。
 ついに古い体制が行き詰まり、景気が悪化して、多くの人が困っています。ここ富山でも悲鳴が上がっています。麻生さんは、景気対策のための補正予算提出を来年に先送りして、さらに選挙も先延ばしにしています。これでは、古い体制を温存させて、私たち国民のためになりません。  常に「時代の変わり目」において、国民の選択は2つにわかれます。「新時代」か「旧体制」かです。「新しい時代」か「古い体制」かなのです。
 「古い体制」が時代の流れに対してどんなに激しく抵抗しても、希望の新時代は必ずきます。
 お年寄りが年金・医療に不安ではなく安心が持てる新時代へ。
 若者たちが夢や志をもって挑戦し成功する新時代は必ずきます。
 世界全体の変革の流れと同様に、日本でも富山でも新時代は必ずきます。 
 さあ、皆様、私たちとともに一緒に、新時代への扉を開けようではありませんか!



このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.