あなたのくらしを政策のまんなかに。make policy for center of your life

衆議院議員 村井宗明 オフィシャルウェブサイト

12月11日(土)むねあき政経懇話会 定例セミナー

12月11日(土)に富山の地鉄ホテルのアルシェフで「むねあき政経懇話会 定例セミナー」を開催しました。約90人が集まりました。

最初に講師である医学博士の宮田龍和先生から「目指せ100歳現役人生」と題して、長生きの秘訣をお話いただきました。しかも、ただ100歳になるのではなく、100歳になっても介護を必要としない元気に明るく生活を送れるという講話です。話の中でご長寿様からのアンケートで男女共に「腹八分目」がトップ5入っておりました。その他いろんな話が盛り沢山で、大変ためになりました。

その後、村井議員が健康大国戦略」と題して、 民主党の経済成長戦略の一つライフイノベーションについて下記のように」講話をしました。

今や不治の病とされていたペスト、結核は医療技術のと発展で治療可能になりしました。そして、民主党は日本が誇るがん対策の最先端技術「重粒子線がん治療」へ予算をつけました。

この治療法は放射線治療に似ています。放射線は患部へ当てるまでに通過する部位すべての細胞を破壊していましたが、この重粒子線はがん細胞のみ破壊し、なおかつがん細胞の形に合わせます。がんのまわりも無傷でがんの部分だけたたけるそうです。現在は研究期間でありますが、年間約700人の治療実績をもっております。機械の値段が高く、治療費も314万円と高額です。

今後は更なる技術開発で機械の低コスト化を実現させます。現在は、千葉にしかないですが全国にこの機械の設置を広げるとともに、海外にも販売網をしいていく計画です。












このページのトップへ
Copyright(c) murai.tv 2006 All Rights Reserved.